一点を見つめる女性

Contents

時間をかけて治す

人差し指を頬に当てる女性

うつ病を発症しますと長い期間の治療が必要なため、金銭的な面においても苦しくなることがあります。そのような場合には、自立支援医療制度を利用して頂くことをおすすめします。うつ病をしっかり根本から完治させるためにも、便利な援助を受けて余計な不安を抱えないようにすることが望ましいです。

read more

人との関わり

目を閉じている女性

うつ病治療は状態が落ち着いても決して完治という言葉を使わず寛解と言います。それは何かをきっかけに再発するリスクもある為です。まずは自分を認めてくれる人と関わる事などを通して自信をつけることが大切だと思います。

read more

うつ病と戦う

泣いている女性

うつ病は正しい治療をおこなえば決して治らない病ではない。専門機関の指示に従い投薬を続ければ必ず治るのである。普通はなかなか受け入れ難い病であるが、現実を受け止め積極的な治療をおこなうことが完治の近道だと思うのである。

read more

うつ病の治療法

頭を抱える女性

うつ病を完治させるために必要なことは誰かに頼るという事でもあります。自分の殻に閉じこもって一人で悩みを抱え込んでいても解決しませんから、周りのサポートも必須でしょう。治療法は個人差もありますので専門医の指示に従いましょう。

read more

うつの治療

PCに向かって叫ぶ男性

うつ病は正しい治療をおこなえば決して治らない病ではない。専門機関の指示に従い投薬を続ければ必ず治るのである。普通はなかなか受け入れ難い病であるが、現実を受け止め積極的な治療をおこなうことが完治の近道だと思うのである。

read more

治療が必要

頭を抱える男性

うつ病の治療は気持ちの問題ではありません。マイナスな感情に脳が支配されてしまう病気なのです。気持ちの問題だけで解決するなら国が何のためにうつ病などの精神疾患をがんや糖尿病などと並ぶ5大疾病に指定したのでしょうか。私たちはうつ病を病気として正しく認識する必要があると思います。

read more

費用と様々な療法

元気になれる方法について多く展開されているので、改善しやすくなってきています。うつ病の治療は継続的に行なうことが大切です。

うつ病治療の費用について

うつ病の治療は、どの位の費用がかかるものなのでしょうか。一般的な相場は、保険適用で上限が6000円ほどです。ただし通院回数や薬の量によって多少の差があります。 それから公的機関の利用も可能です。勤めている人の場合は傷病手当金があり、病気やケガで休んで4日目から、手当てを受け取れる仕組みになっています。金額は給与の日割分の3分の2に当たります。この場合は休職という形で治療を続けるのがお勧めです。また、精神障碍者福祉手帳を持つこともできます。この手帳を持っていると、経済面で色々な優遇措置が受けられます。 その他には、自立支援金というものがあります。これは、治療費の一部を公費負担してもらえる制度で、負担分は通常の3割ではなく、1割になっています。ただし所得が一定以下の場合に限られます。

薬物以外の療法とは

うつ病の治療の特徴は、内服薬による薬物療法が中心です。主に抗うつ剤や抗不安剤が用いられます。その他にもカウンセリングを行ったり、休養を取らせたりしてうつ病を治す方法が主に取られています。それ以外の治療方法としては、明るい光を当ててうつ病を改善する光療法や、眠らずにいて気分を高揚させる、断眠療法などもあります。 また、通電療法や磁気療法というのもあります。通電療法は脳の神経を電流で刺激するもの、磁気療法は、電気でなく磁気を当てて神経を刺激するものです。もちろん電気や磁気を当てても、けいれんが起こることのないように改良されています。この2つの治療方法は、うつ病の原因の1つとして、脳の神経の働きが本来の状態からずれるために開発されたもので、今までにかなりの効果を上げています。