うつ病と戦う

日本人に多い病気

泣いている女性

働き者が多い日本では、知らずのうちにストレスを抱える人が多く、そのためうつ病を発症してしまう人もかなり増えてきています。特にストレスを抱える人が多いと言われる現代社会では、うつ病患者の数が年々増加しており、年齢関係なく多くの人がうつ病と戦っています。うつ病を治療するには周囲の理解も必要で、特に家族や身近な友人の協力が必要となります。うつ病の症状は普段の体調不良の時の症状とさほど変わりがない場合が多いため、多くの人はうつ病と気付かずに生活している場合があります。気分が乗らない、気持ちの落ち込みが続くなどの症状が長引く場合はできるだけ早めに専門のクリニックへ行って治療を進めることが大切です。

薬と一緒にメンタルケア

うつ病は近年から誕生した病気というわけではなく、かなり前からうつ病の治療は行われています。これまでは精神科で治療をすることがほとんどでしたが、うつ病は身体とも密接に関わりがあるので心療内科で治療をすることが多くなってきています。心療内科で治療を進める場合であれば、薬物療法と心理療法を併用しながら行います。両方の治療をバランスよく続けることによってうつ病は克服することができます。うつ病ということを自分自身で受け入れてから積極的に治療に励むことが大切といえます。社会変化の激しい現代ではうつ病にかかる人が今後も増えていくと言われているので、様々な治療方法が誕生することが予想されています。